鉄欠乏性貧血に悩んでいる女性|鉄分を補給して改善しましょう

聴診器

転移による二次被害

医者

癌性腹膜炎はがんが腹膜に転移した状態を指します。癌性腹膜炎になると腹膜ががん細胞によってダメージを受け、腹腔内から剥がれて腹水が溜まってしまいます。この腹水が溜まることによって腸閉塞や腸管破裂といった合併症を起こす危険性もあります。さらに癌性腹膜炎は大腸がんや胃がん、卵巣がんといったものから転移しやすい傾向があります。この病は初期症状がわかりにくく転移して初めて癌性腹膜炎となるため、開腹手術をして発見されるケースが多いのです。そのため緊急でオペを行なったり、一度手術を中断し対策を練らなければならないことがあります。この癌性腹膜炎はがんの進行が進んだ状態の末期がんの一種に分類されます。
癌性腹膜炎の治療法は現代の医療機関では完治が困難と言われています。治療は痛みや不安感を抑えて延命治療を目的とした対症療法を行います。癌性腹膜炎は末期がんですから、治療も一時的によくすることしかできないのです。一時的な処置しかできない現状から、処置後に良好な状態になることになる傾向はあまりありません。もし、癌性腹膜炎と判断されたのなら命の覚悟はしておいた方がいいでしょう。癌性腹膜炎の予防は難しいものですから、ならないようにしっかり自身の健康状態に気を使いましょう。また癌性腹膜炎にならない為にもがんの早期発見を行いましょう。末期がんになる前でしたら、色々な治療法を行うことも可能です。ですから、定期的に病院で検査してみることが大切です。